×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


大豆イソフラボン【小さなポケット】が気になる

大豆イソフラボンは、更年期障害や2型糖尿病の改善に効果があるといわれています
肌のうるおいやハリを保ち、美しさを保つとされ、化粧品にも使われている大豆イソフラボン。
イソフラボンは最近女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをすることで注目されています。
大豆イソフラボンは、骨粗鬆症や更年期障害、乳がん等の女性疾患に対する有効素材として1991年に米国立がん研究所(NCI)が290万ドルの予算を計上して抗がん効果の研究に乗り出しています。
大豆イソフラボンは、大豆を原料とする加工食品のほとんどに含まれていますが、原料大豆の種類や食品の製造方法などによってその含有量は異なります。
大豆イソフラボンを豆腐・納豆・豆乳などの大豆食品から食事として摂取する場合であれば特に問題になる事もないと思われますが、大豆イソフラボンの成分を含有したサプリメントや特定保健用食品などから取りすぎると問題となるケースが生じる場合があるようで、食品安全委員会は妊娠している女性や乳幼児などがサプリなどからの過剰摂取による副作用などの弊害に注意するようにと勧告しています。


大豆イソフラボン【小さなポケット】について

大豆イソフラボンの健康への効果が脚光をあびています
骨粗鬆症に対しては特定保健用食品として「骨の健康維持に役立つ」という表示が許可されたものがあります。
大豆イソフラボンとは、そもそも大豆の胚芽に多く含まれているポリフェノールの一種であり、抗酸化作用を持っていることから、活性酸素の発生を抑制する効能があります。
大豆イソフラボンとは、大豆、特に大豆胚芽に多く含まれる複数の化学物質の総称です。大豆イソフラボンは、女性ホルモン(エストロゲン)と化学構造が似ていることから、植物性エストロゲンとも呼ばれます。
大豆イソフラボンの効能としては、女性ホルモンであるエストロゲンと同じような働きがあるとされており、【更年期障害による症状の予防や改善】【動脈硬化の予防効果】【骨粗鬆症の予防効果】【乳がん・前立腺がんの予防効果】などといったことが効能として期待できるといわれています。
欧米では、日本人の長寿、そして骨粗鬆症や更年期障害、乳がん等の発生率の低さの秘密を大豆イソフラボンだとして研究しています



その他の小さなポケットのメンバーラインアップ紹介



その他のサイトご紹介




大豆イソフラボン小さなポケットのリンク集のページ


大豆イソフラボン【小さなポケット】お問い合わせ